その何気ないひとことが自分を不幸にする

こんなネガティブワード
つい言ってしまってませんか?

ネガティブワードの言霊があなたをさらに不幸にする!?
「どうせ〜」
「超だり〜(だるい)」
「最近なんにもいいことないよね〜」
など、気が付けばついネガティブワードを言っている、ということはありませんか?

「ただのグチだしぃ」と思っているかもしれませんが、ネガティブワードばかり口にしていると、本当に自分で不幸を呼び寄せてしまうのです。

日本には、昔から「言霊(ことだま)」という考え方があります。言霊とは、言葉にあると信じられてきた呪力のこと。ポジティブワードをいつも発していれば自然自然と幸せが訪れますが、ネガティブワードを発しているとそのパワーで不幸を招いてしまうと信じられてきました。

「そんな迷信を…」と思うかもしれませんが、実際にあなたの周りの人を観察してみてください。「な〜んにもいいことないよね」「つまんね〜」などネガティブワードばかり吐いている人は、あまりついてない人、いま一歩幸せをつかめていない人が多くないでしょうか?



ネガティブワードばかりの人は、
自分に甘い人!?

ネガティブワードって、いわば「負け犬の遠吠え」なの?
そもそも、どうしてこう気軽にネガティブワードを発してしまうのでしょう? いつも自分を高めたい、幸せになりたいと思う人は、めったに軽口程度のネガティブワードは吐かないものです。

ネガティブワードを発するのは、ずばりそのとき「楽」になりたいからではないでしょうか? たとえば、ちょっとイライラしたときに「ムカつく!」とひとこと口に出せば、その場のストレスは発散されます。

でも、それはゲップをしているようなものです。「体の中にガスがたまって気持ち悪いから吐き出しちゃえ」という感覚と同じ。吐き出すことでその場が楽になればいい、という単純な発想からきているように思えます。

そして、この発想がさらに不幸を加速させるように思えてなりません。『下流社会』の著者である三浦展氏は、「自分らしさ」という名の下に「楽」を求める現代の若者の危機を訴えています。自分らしさを志向しながら、思うように自分らしさを実現できない人が、しばしば生活満足度を低下させていると述べています※。

人間は楽を求めると、生き方もゆるくなっていきます。しかし、楽さに甘えて自分を高められないでいると、心の底ではどこか自分に満足できず、そのジレンマがネガティブワードへとつながっていくのではないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。