漫画

未来日記』(みらいにっき)は、えすのサカエによる漫画。月刊少年エース(角川書店)において2006年3月号から連載中。単行本は3巻まで発売されている。

あらすじ
中学2年生である天野雪輝は、周囲に関わろうとせず"傍観者"であることを望んでいた。彼は見聞きした全てを携帯電話の日記に付けている。また友人と呼べるのは、時空王デウス・エクス・マキナと彼の小間使い・ムルムルだけである。もっとも、この二人は雪輝の空想であり、実在する人物ではない…はずだった。ある日、自分がまだ体験していないはずの未来が、日記に書かれるようになる。それは空想のはずのデウスの仕業だったのだ。未来を知ることで調子に乗り、有頂天になる雪輝。しかしその後、同じように未来日記を持つ人間が自分を含め12人いることと、その12人による殺し合いのサバイバルゲームが開かれていることを知る。雪輝は、クラスメイトで、同じく未来日記所有者の我妻由乃などと共に、この殺人ゲームに立ち向かっていく。


未来日記所有者
物語は時空王に選ばれた12人の未来日記の所有者同士のサバイバルゲームである。各人物には序数がつけられており、作中で所有者同士が互いを呼ぶ場合などで、その序数そのままや「○番目の所有者」などと表現される。未来日記を所有しはじめた順番だと推測できるが、作中では明記されていない。

1st - 天野雪輝(あまの ゆきてる)
本作の主人公で、中学2年生の男子。日記をつけることとダーツが趣味。本当は寂しがり屋なのに、傷つくことを怖れて傍観者でいようとしていた。自分が殺される予知を覆し逆に相手を殺し返した奇跡を超える奇跡を見せたため、他の未来日記所有者達から真っ先に狙われることとなる。当初は臆病な性格であったが、未来日記所有者と戦っていく内、勇敢さを発揮する事も多くなっていく。調子に乗る傾向があり、また余り他人を疑う事がない為、他の未来日記所有者に騙されやすい。1年前、両親が離婚し、母親に引き取られた。
雪輝を中心とした周囲の未来を無差別に予知する携帯電話「無差別日記」の所有者。全日記中最多の情報量を持つが、普段から傍観者でいようとしたため、自分自身のことが一切書かれていないという欠陥がある。しかしそれでも未来日記の情報量の多さは強みである。
普段から携帯しているダーツも、「未来日記を破壊されれば死」というルールがある未来日記所有者との戦闘では、非常に有効な武器と言える。また敵の所有する未来日記をダーツで破壊して、葬ったケースも少なくない。現状においては、未来日記所有者にトドメを刺した回数は由乃と大差ない。
我妻由乃に対しては、現状ではまだ恋愛感情を抱くまでには至らず、彼女がストーカーという事実とその得体の知れない印象から心情は複雑のようだが、理由はともあれ彼女が自分を想ってくれている事実と献身的に自分を護ろうとしてくれている事は理解しており、彼女の窮地には身を挺して助けに来るような状況も多い。なお、由乃とは別に気になる人もいたらしい。
少年エース2007年5月号に掲載された「花子と寓話の未来日記」では、由乃のストーカーぶりについて相談するため作者の前作「花子と寓話のテラー」に登場する亜想探偵事務所へ赴く。5thを撃破した後、市立梅里中学校へ転入。そこで日野日向や野々坂まおと友達になる。だが公園へ遊びに行った際、犬の集団に襲われてしまう。雪輝は、由乃、高坂、まお、或らと共に展望台まで逃げ込み、窮地を脱するべく由乃の制止を振り切って「予知能力」があると告げてクラスメイトに指示を出して、窮地を脱する。だが或を狙った日向とまおによって人質にされてしまい、無差別日記も奪われた上で、「賭け」のチップにされてしまう。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。