ウンナンのホントコ!

ウンナンのホントコ!(うんなん−ほんとこ−)はTBS系列で1998年10月21日から2002年3月6日まで水曜21時台に放送されていたバラエティ番組。開始当初から1999年7月までは「ウンナンのホントのトコロ」という番組名だった。番組開始からしばらくは視聴率も低迷していたが、1999年後半より「未来日記」のコーナーが開始になったのに伴い視聴率も上昇し、それまで高視聴率を誇っていた裏番組で、日本テレビの「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」(通称:生ダラ)を遂に終了まで追い込んだ。しかし、「未来日記」のコーナーが終わったことと裏番組でテレビ東京の「女と愛とミステリー」が高視聴率を出すようになったことから、再び視聴率も低迷し、「生ダラ」の後を追うようにこの番組もその1年後に終了してしまった。

未来日記
「ドラマの様なシチュエーションを体験したら恋をするのか?」を検証する為、番組出演者が考えた「これから起こる(してもらう)出来事が書かれた日記を初対面の男女(どちらか一方の場合も有)に渡し行動してもらい、2人の間に愛が芽生えるかを追ったシリーズ。セリフ等は指示されておらず基本的にはアドリブ。毎回最後には別れる事が決まっていた。

各話主題歌CDが毎回売れた事で話題に。
後楽園遊園地とのタイアップ企画や世界進出も決まり、映画化もされ社会現象を巻き起こした人気企画。
米国では『The Future Diary(未来日記)』のタイトルでオリジナル版を制作(日記を渡すウェイター役で南原清隆がゲスト出演した)。
「やらせ演出ではないか」という意見も放送当時からあった。確かに、出演者の心の揺れ動きを追いかけたという事に関してはドキュメンタリーではあるが、出演者はあらかじめの脚本に基づき行動された点ではドラマを演じていたと言う事がいえるため、実のところバラエティー・ドラマ・ドキュメンタリーどれのカテゴリーに属していないともいえる。その点が視聴者に新鮮に受けたため、下記のように主題歌が大ヒットとなる現象を生んだといえる。また、最も盛り上がっていた時期の主題歌「TSUNAMI」サザンオールスターズ、「桜坂」福山雅治は共に200万枚を超えるビックヒットを達成し、音楽業界からも注目された。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。